会社案内
会社概要  素材原料について製造拠点
素材原料について

福田龍の素材原料について

創業以来、顧客本意の姿勢でより良い医薬品原料、機能性食品原料をご提供する努力を続け、お客さまの信頼をいただきながら今日まで成長を続けてまいりました。福田龍は「品質」を重要な柱であると考え、ますます高まるお客さまの「安全・安心」で独自性のある素材提供のニーズにお応えするため、仕入、品質管理、研究開発、生産物流、営業、全社員が常に長 年の医薬品取扱いの経験を活かし、品質の向上を目指した取り組みを続けています。
 

「安全・安心」の原料供給を追及するトレーサビリティ確立

福田龍は、長年の経験により培ったネットワーク、ノウハウを駆使し、世界中から医薬品原料、機能性食品素材を調達しています。トレーサビリティ確立のため、原料調達担当者自らが定期的に国内外の現地に赴き、栽培地の状態から栽培方法、収穫方法、加工方法を確認したうえ、安全な原料調達を行っています。
また、海外2ヶ所の自社製造拠点においても、生産履歴の明確な原料を使用した「安全・安心」な製品を製造するために、常時福田龍スタッフが赴き製造管理体制、品質管理体制について指導を行っています。

  「安全・安心」を徹底する品質管理

国内外より調達した原材料に対し、薬事法、食品衛生法などの法律で定められた規格に加え、福田龍の長年の経験と科学的な裏づけに基づいた独自の厳しい規格を設けております。この規格に基づき、医薬品原料、機能性食品原料に関わらず、医薬品レベルでの試験分析により厳しい品質管理を行っています。
また、食品中の残留する農薬等の基準に関して2006年5月から施行されたポジティブリスト制度に対応するため、原料の定期的なトレース、自社試験に加え、客観的な分析をおこなうため、第三者分析機関にも原料の分析を依頼しています。調達した原料は医薬品GMP工場である奈良工場にて、機能性食品原料も医薬品と同等の管理を行い、原料保管は品質の劣化を防ぐために、定温ラック倉庫(温度15℃・湿度60%)にて保管し「安全・安心」の確保に取り組んでいます。
 

  新素材の開発

福田龍が長年培った東洋伝統医学的知識を駆使するとともに、西洋医薬学的な研究との融合を図ることで、漢方系生薬の見直しを行い、福田龍独自の新規素材を開発しております。また、お客様のニーズに対応した形で、中医学的な考え方を取り入れた商品企画を実施しております。

    

有機農産物・加工食品 小分け認定業者/医薬品GMP工場

Copyright© 2002- Fukudaryu Co.,Ltd. All Rights Reserved.